toggle
子宝・安産祈願、鬼子母神の真成寺

子宝祈願/子授け祈願

子宝祈願とは、元気な赤ちゃんが授かるように子授けの祈願することです。

現代では、職場の人間関係によるストレス、食品に含まれる保存料、大気汚染などの自然な妊娠を阻む環境因子がたくさんあります。また50年前と比べて男性の精子数も3分の1に減っているという研究報告もあります。

独身で一生懸命に働いても結婚に十分に蓄えることができず晩婚化を強いられ、また夫婦共働きでも生活環境が厳しくなり、自ずと赤ちゃんを産もうとする年齢が高くなってしまいます。

そのため不妊治療をおこなう夫婦もたくさん増えている時代となっております。

真成寺では子宝・安産でも有名な「鬼子母神」が祀られており、御祈祷を受けることにより、夫婦の心を癒し、不安を取り除き、赤ちゃんを授かるお力添えをさせていただきます。

真成寺の鬼子母神はざくろを持ち、このざくろは子宝の象徴ともされています。

また、参道にはザクロがたくさん植えられており、真成寺はまたの名を「ざくろ寺」とも呼ばれる子宝・安産で有名なお寺です。

真成寺では加賀三代藩主前田利常が篤く信仰した「鬼子母神」が祀られていて、小松城主であった丹羽長重が城内天守に安置したもので、全国的にも有名で貴重な仏様です。

御祈祷の流れ

1. 受付

御祈祷希望者様は、まず「御祈祷のご予約・お問合せ」のページから御祈祷にかかる「時間」と「費用」をご確認の上、フォームに必要事項をご記入してお送り願います。

真成寺の担当者より、予約の確定のご連絡をなるべく早めに返信させていただきます。

なお、お電話にてのお申し込みも受け付けております。

その際にお名前、生年月日、相談内容をお伝えください。

2. お申込みの確定

具体的なお日にちやお時間、詳しい祈祷内容を決めていきます。